teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 結果報告(0)
  2. 結果報告(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


チャレンジマッチ結果報告

 投稿者:3回生DF織裳万葉  投稿日:2017年 5月 4日(木)16時58分58秒
  本日5月4日(木)、宝ヶ池運動施設球技場にてチャレンジマッチ(vsU22)が行われました。以下結果報告です。

☆(25分ハーフ)
関西学院大学 ー U22

前半 1 ー 3
後半 1 ー 8
合計 2 ー 11

前半最初のドローを取ったのはU22。相手のスピードある1on1で攻められますが、そのスピードに対応した関学のナイスDFが目立ちます。関学のAT陣も果敢に攻めますが、思うように得点が決まらず攻守交代が続きます。しかし、そんな流れを断ち切るように関学のATによる豪快なシュートが決まり、先制点を奪います。その後もお互いに粘り強いプレーを続け、前半終了です。後半最初のドローを取ったのも相手。そのままスピードのある1on1で得点を決められます。関学は相手のスピードに対応しようと気持ちの見えるプレーを続けますが、相手の勢いを止めることが出来ません。流れを断ち切ることが出来ないまま試合終了です。

本日の試合では、前半では善戦していたものの相手に流れを掴まれた際に自分たちで流れを取り戻すことが出来ませんでした。また基礎的なミスも目立ち、課題が変わらない結果となってしまいました。リーグ戦まで刻一刻と時間が過ぎて行く中で、強いチームと試合が出来る機会を最大限チームの成長に繋げられるよう、今まで以上に練習から試合を想定していきます。

最後になりましたが、元トレーニング講師の笹田健史さん、監督の住田行志さん、コーチの三浦尚子さん、11年度卒の岡本紗知さん、15年度卒の荻野沙弥香さん、16年度卒の小原千夏さん、重野杏奈さん、石井奈緒さん、石川彰乃さん、今井朱里さん、岡田千紗子さん、松岡芳佳さん、三宅幸さん、本日は本当にありがとうございました。今後も御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。

織裳万葉
 
 

モデルマッチ結果報告

 投稿者:3回生DF織裳万葉  投稿日:2017年 4月23日(日)19時43分27秒
  本日4月23日(日)、伊丹スポーツセンターにてモデルマッチ(OG戦)が行われました。以下結果報告です。

☆(25分ハーフ)
関西学院大学 ー OGさん

前半 6 ー 1
後半 7 ー 1
合計 13 ー 2

前半最初のドローを取ったのはOGさん。ボールをそのままシュートまで運ばれ、先制点を決められます。その後攻守交代が続きますが関学はAT陣による気持ちの見えるシュートにより得点を決めます。その一点を境に関学は流れを掴み次々と得点を決めます。リードを保ったまま前半終了です。後半最初のドローを取ったのは関学。前半の勢いを止めず、スピードある1on1で関学が得点を決めます。その後は、相手に巧みな技を見せられますが関学のDF陣も負けじと粘り強いプレーを続け、中々次の得点が決まりません。関学は一点一点確実に得点を重ね、大幅にリードを保ったまま試合終了です。

本日のモデルマッチは、沢山のOGの方が来て下さり、本当に恵まれた環境で試合をさせて頂きました。しかし内容としては基礎的なミスを繰り返してしまっていた場面も多く見られました。最後の反省の際に、基礎力の差が全国の試合の時に差となって出てくると仰って頂き、その通りだと思ったので、もう一度基礎力の面を全員が見直し、徹底的に基礎力の向上を行なっていきたいと思います。

最後になりましたが、OBG会長の中島輝久さん、コーチの中村武志さん、馬野桃子さん、後藤明日香さん、向井三稀さん、市川葉月さん、神保舞香さん、三浦尚子さん、93年度卒の富永久恵さん、94年度卒の上野邦子さん、98年度卒の斎藤憲恵さん、00年度卒の地蔵小百合さん、04年度卒の坂口絵美さん、大沼篤さん、05年度卒の伊藤雪恵さん、07年度卒の若井萌木さん、08年度卒の山本千恵さん、渡邊千絵美さん、12年度卒の宮田あかねさん、北川千尋さん、13年度卒の土田小百合さん、吉田真麻さん、15年度卒の山本咲さん、石崎真央さん、松本真依さん、井筒朱音さん、井出七海さん、吉田理紗子さん、16年度卒の小原千夏さん、重野杏奈さん、末澤奈々さん、大和田莉沙さん、酢谷理子さん、三宅幸さん、本日は本当にありがとうございました。今後も御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。
織裳万葉
 

ゲームキャンプ結果報告

 投稿者:新2回生AT平尾咲季子  投稿日:2017年 3月21日(火)20時43分15秒
  本日3月21日(火)、鹿島スポーツプラザにてゲームキャンプが行われました。以下結果報告です。

☆Aチーム
【第1試合】
(20分ハーフ)
関西学院大学A ー 明治大学A

前半 2 ー 4
後半 0 ー 5
合計 2 ー 9

【第2試合】
(20分ハーフ)
関西学院大学A ー 早稲田大学A

前半 0 ー 5
後半 2 ー 5
合計 2 ー 10

Aチーム1試合目(vs明治大学)、前半最初のドローを取ったのは関学。関学は果敢に攻めますが、ダウンボールを取られ、関学の粘り強いDFが続きます。関学は明治大学のパス回しを止め切れず、先制点を許します。しかし関学はしっかりと立て直し、強気な1on1で得点を重ねます。関学は果敢に攻め続けますが僅かにリードを許し前半終了です。後半最初のドローは明治に取られますが、関学がすかさず力強いプレッシャーを与え、関学がダウンボールを取り切ります。関学はスピードに乗った1on1でシュートまで持っていきますが、惜しくも得点には繋がりません。その後関学は、相手に流れを掴まれ連続失点します。関学はそのまま流れを取り返すことが出来ず、差を開かれて試合終了です。

Aチーム2試合目(vs早稲田大学)、前半最初のドローを取ったのは早稲田大学。試合開始早々、激しい攻防が続きます。関学は早稲田に一瞬の隙を突かれ、先制点を決められます。関学は次のドローも相手に取られ、そのまま追加点を決められます。その後も関学はチャンスを活かすことが出来ず、思う様に攻めることが出来ません。関学はナイスDF、ナイスセーブを見せますが、相手にリードを許し、前半終了です。後半最初のドローは関学が取り切り、そのままの勢いで得点を決めます。関学は積極的にダウンボールに食らい付き、得意の1on1を多く仕掛けますが、得点に繋げることが出来ないまま試合終了です。

本日の試合は、今チームが初めて関東の大学と試合をする機会であり、今迄の試合とはまた違った課題が新たに見つかりました。ラクロスの事だけを考え、ラクロスと向き合う事が出来る貴重な時間を大切にし、お互いのプレーを知りチームとして成長する実りの有る時間にします。


続きましてBチームの結果報告です。

☆Bチーム
【第1試合】
(20分ハーフ)
関西学院大学 ー 明治大学B

前半 2 ー 3
後半 1 ー 6
合計 3 ー 9

【第2試合】
(20分ハーフ)
関西学院大学 ー 早稲田大学
雨で中止


Bチームの1試合目(vs明治大学B)、最初のドローを取ったのは明治。関学は明治に先制点を決められます。攻守交代が続きますが、関学の粘りのDFによりAT陣にボールが繋がり、関学は強みの1on1で得点を決めます。しかし関学は相手にも得点を決められ、1点ビハインドで前半を終えます。後半、最初のドローを取ったのは明治。関学のナイスDFが続くも相手に得点を決められ、関学は流れを止めきれず連続得点を許します。関学も負けじとダウンボールに食らい付きますが、奪いきれません。そのまま関学は点差を埋めることが出来ず、試合終了です。

本日は悪天候の中試合が行われました。先日の試合の課題を踏まえて入りましたが、パスキャッチミスやダウンボールを1回で取り切れない等の基礎的なミスが多く見られました。2試合目が雨で無くなった為、本日のビデオミーティングで試合を分析し、明日からの試合で変え切れるよう、全員で取り組んでいきたいと思います。

今後共、御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。

平尾咲季子
 

練習試合結果報告

 投稿者:新2回生AT平尾咲季子  投稿日:2017年 3月19日(日)19時04分52秒
  本日3月19日(日)、三田陸上競技場にて、練習試合が行われました。以下結果報告です。

☆(20分ハーフ)
関西学院大学 ー NLCscherzo

前半 4 ー 3
後半 2 ー 5
合計 6 ー 8

☆(20分ハーフ)
関西学院大学 ー MISTRAL

前半 4 ー 3
後半 1 ー 7
合計 5 ー 10


1試合目(vsNLCscherzo)、最初のドローは関学が取り切ります。NLCscherzoに先制点を決められ、流れを持って行かれそうになりますが、関学はAT陣の素早いパス回しで相手の流れを切り、得点を決めます。そのまま勢いに乗った関学は強みの1on1で連続得点を決め、1点リードで前半を終えます。後半の最初のドローを取ったのも関学。しかし後半、関学の連携の取れたナイスDFが光るも、相手の勢いのある攻撃を抑えることができず、試合終了です。

2試合目(vsMISTRAL)、最初のドローはMISTRALに取られ、そのまま先制点を決められます。しかし、関学は気持ちの見えるプレーで得点を重ね、流れを作ります。攻守交代が続くも関学はボールに食らい付き、1点リードで前半を終えます。後半、最初のドローを取ったのは関学。そのまま得点を決めますが、相手のスピードのあるパス回しを止め切れず、得点を決められます。その後も関学のDF陣が粘り、ダウンボールを誘いますがボールを奪い切れず、試合終了です。

本日の練習試合は、暖かい日差しの中行われました。前半の流れは掴んだものの、後半はダウンボールを取り切れず苦しい展開が続きました。その状況の中で、貪欲にボールに食らい付く姿勢や、一人一人が流れを変えるという強い意志が足りなかったことが本日の反省として挙げられます。前回の試合に引き続き本日も課題の残る試合となりましたが、この悔しさをバネにゲームキャンプでは更に成長し、必ず勝利を掴みたいと思います。

最後になりましたが、お忙しい中グラウンドに足をお運び下さいました、コーチの中村武志さん、向井三稀さん、牧れもんさん、三浦尚子さん、05年度卒の大沼篤さん、伊藤雪恵さん、07年度卒の若井萌木さん、08年度卒の渡邊千絵美さん、16年度卒の小原千夏さん、本日は本当に有難うございました。今後も御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。

平尾咲季子
 

練習試合結果報告

 投稿者:新2回生AT平尾咲季子  投稿日:2017年 3月15日(水)21時42分45秒
  本日3月15日(水)、神戸大学国際文化学グラウンドにて、練習試合が行われました。以下結果報告です。

☆(20分流し)
関西学院大学 ー 神戸大学

合計 4 ー 4

☆(15分流し)
関西学院大学 ー 神戸大学

合計 4 ー 3


20分流し、最初のドローは関学が取り切ります。関学は粘り強いDFを続けるも、神大に先制点を奪われます。関学も負けじとダウンボールに食らい付き、ボールを奪うとそのまま得点を決めます。更に関学は強みの1on1で得点を取り返します。しかし、相手のスピード感のある攻撃を止め切れず、得点を決められ、同点で試合終了です。

15分流し、最初のドローは関学が取り切ります。そのまま、関学は気持ちの見えるAT陣の攻撃で先制点を決めます。試合の立ち上がりから勢いに乗った関学は、華麗なパス回し、強みの1on1で連続得点を決め、点差を広げます。神大に得点を決められますが関学のナイスDFで守り切り、試合終了です。

本日の練習試合は、グラウンド状況が悪い中行われました。前回の試合よりもアップの雰囲気等は良くなりましたが、試合の内容は反省の残るものとなりました。試合の中で反省を変え切り、勝ち切る事が出来なかったことは現在のチームの弱さだと思います。試合を通して新たに見つかった課題等、練習で変え切り、次に繋げていきたいと思います。

今後共御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。

平尾咲季子
 

練習試合結果報告

 投稿者:新3回生DF織裳万葉  投稿日:2017年 3月11日(土)20時44分49秒
  本日3月11日(土)、武庫川女子大学公江記念グラウンドにて関西大学、武庫川女子大学との三校戦が行われました。以下結果報告です。

☆(25分ハーフ)
関西学院大学 ー 関西大学

前半 5 ー 5
後半 2 ー 6
合計 7 ー 11

最初のドローは関学が取り切ります。関学はそのままナイスDFを続けますが、先制点を奪われます。しかし関学も負けじとAT陣の華麗なパスで得点を重ね、気持ちの見えるプレーで点差を縮め、同点で前半を終えます。後半、最初のドローを取ったのも関学。そのまま1on1で得点を決めます。次のドローも関学が取り切りそこから攻守交代、厳しい展開が続きます。流れを変えようと関学はゴールに向かう姿勢を見せますが、点差を埋めることが出来ないまま試合終了です。

☆(25分ハーフ)
関西学院大学 ー 武庫川女子大学

前半 1 ー 4
後半 5 ー 3
合計 6 ー 7

最初のドローを取ったのは武庫女。そのまま先制点を決められ、攻撃を受けます。関学も果敢に攻めますがなかなか得点が決まりません。そのまま前半を終えます。後半、関学は勝つという気持ちを再確認し、最初のドローを取り切り得点を決めます。その後攻守交代が続きますが、関学のDF陣の守りと、AT陣1人1人の強みを活かした1on1で次々と得点を重ね、点差を縮めます。しかし相手にも負けじと得点を決められ、1点ビハインドで試合は終了です。

本日の試合は、就活期が始まって初めての練習試合でした。練習では基礎メニューがメインなので、それぞれが練習で拘ってきたプレーを最大限に発揮しようと臨みましたが、ほとんどの人がそれを出来なかったのではないかという反省が出ました。普段の基礎メニューが試合のどの部分を切り取った練習であるかを本日の試合で改めて実感したと思います。明日の練習から全員が考えて取り組んでいきます。

最後になりましたが、コーチの神保舞香さん、01年度卒の東野静香さん、10年度卒の福井美奈子さん、16年度卒の酢谷理子さん、三宅幸さん、本日は本当に有難うございました。今後も御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。

織裳万葉
 

新人戦ウィンターステージ決勝トーナメント結果報告

 投稿者:2回生 長村由紀乃  投稿日:2016年12月25日(日)19時35分23秒
  本日12月25日(日)、舞洲運動広場運動場にて新人戦ウィンターステージ決勝トーナメントが行われました。以下結果報告です。

☆(14分ハーフ)
関西学院大学 ー 大阪国際大学

前半 5 - 1
後半 3 - 1
合計 8 - 2

☆(14分ハーフ)
関西学院大学 ー 関西大学

前半 2 - 2
後半 3 - 2
合計 5 - 4

☆(14分ハーフ)
関西学院大学 ー 合同チーム(龍谷大学・武庫川女子大学)

前半 5 - 1
後半 2 - 2
合計 7 - 3

準々決勝大阪国際大学戦、前半最初のドローは関学が取り切り、開始直後に先制点を決めます。次のドローも関学が取り切り、攻守交代が続きますが、ダウンボールを奪った関学はそのままスピードに乗って得点に繋げます。その後、大国に失点を許しますが、関学の勢いは止まりません。個々の強い1on1やAT陣の連携で連続得点を決め、大きくリードを広げて前半終了です。後半最初のドローも関学が取り切り、キレのある攻撃で得点を決めます。その後も関学の勢いは止まらず、次々と得点を決めます。中盤、大国の積極的な攻めに得点を許しますが、関学は強気で攻め続けます。終始試合の流れは関学で、大差をつけて試合終了です。

準決勝関西大学戦、前半最初のドローは関大に取られ、そのままの勢いで先制点を許します。次のドローは関学が取り切り、フリーシュートで得点を決めます。その後、互いの激しい攻防が続き、両者譲らない展開となり同点で前半を折り返します。後半最初のドローは関学が取り切り、AT陣の連携で得点に繋げます。ここから勢いに乗った関学は相手を完全にゴールに近づけないDF陣の守りと、AT陣の気持ちの見える攻めで連続得点を決めます。試合終盤、関大の積極的な攻撃により連続失点しますが、リードを保ったまま試合終了です。

決勝合同チーム(龍谷大学・武庫川女子大学)戦、前半最初のドローは関学が取り切り、そのままスピードに乗って得点まで繋げます。その後、相手の連携の取れたプレーに失点しますが、関学の勢いは止まりません。ドローを取り切り、個々の強みの1on1を最大限に生かすプレーへと繋げ、連続得点を決め、大きくリードを広げて前半終了です。後半最初のドローは関学が取り切り、フリーシュートで得点を決めます。ここから相手に攻め込まれますが、関学も強気で攻め続けます。失点を許しますが、試合は終始関学の流れで、リードを広げて試合終了です。関西制覇を成し遂げました。

本日は、16チーム最後の戦いでした。1回生は5冠制覇を懸けた戦いというプレッシャーの中、絶対に優勝したいという気持ち、又それ以上に全員でラクロスを楽しむんだという強い気持ちで試合に挑みました。結果は、決勝リーグの全試合で圧勝、そして優勝という最高の目標を達成することが出来ました。この日のために、毎日の練習で成長をし続けた1回生は、関学の誇りであり、今後も未来でも強い関学であり続けるための架け橋になってくれると思います。16チームの活動はこれで終わりですが、来年に向けて今から頑張りたいと思います。

最後になりましたが、監督の住田行志さん、コーチの中村武志さん、12年度卒の北川千尋さん、14年度卒の梅林れいさん、吉井明子さん、本日は本当にありがとうございました。今後も御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。また、会場までお越し下さった保護者の皆様、ご声援ありがとうございました。今後も関学ラクロス部を宜しくお願い致します。

長村由紀乃
 

支援金報告

 投稿者:中島輝久  投稿日:2016年12月24日(土)18時36分32秒
  OBG皆様

全国大会出場に伴う現役への支援金について

最終集計結果をご報告
2,978,678円が集まりました。お振込み頂きました皆様へ厚く御礼申し上げます。
(ご入金者リストに関しては現在作成中です。また関学ラクロス部HP等にて掲載させていただきます)

過去最高額のご支援を賜りまして、重ねて感謝とお礼を申し上げます。
今後も引き続き、関学ラクロス部並びにOBG会へのご声援・ご支援、ご協力を宜しくお願い致します。

来年も皆様にとって良い年となりますように!
&メリークリスマス!

OBG会長    中島輝久
 

新人戦ウィンターステージ予選リーグ結果報告

 投稿者:3回生 副務 本江文乃  投稿日:2016年12月23日(金)15時00分10秒
  本日12月23日(金)、舞洲運動広場運動場にて新人戦ウィンターステージ予選リーグが行われました。以下結果報告です。

☆(14分ハーフ)
関西学院大学 ー 合同チーム(大阪大谷大学・大阪教育大学)

前半 5 - 0
後半 6 - 1
合計 11 - 1

前半最初のドローは相手に取られますが、ダウンボールを奪った関学は強気の1on1で先制点を決めます。次のドローも相手に取られますが、関学のDF陣は強いプレッシャーでボールを奪い、AT陣へとパスを繋げてそのまま得点を決めます。その後関学は流れを完全に掴み、各々の気持ちの見えるプレーで連続得点を奪い、大きくリードを広げて前半終了です。後半最初のドローも相手に取られ、フリーシュートで得点を決められます。しかしそこから関学は更に強気のプレーで相手を圧倒し、次々に得点を決めます。DF陣の、相手をゴールへと寄せつけない守り、AT陣の、連携の取れた攻撃により、更に点差を広げて試合終了です。

本日は16チームの1回生が臨んだウィンターステージ予選リーグで、私たちはただの勝利ではなく圧勝を目指して合同チームに挑みました。ボールを奪われてもそれを取り返し、AT陣へと懸命にボールを運び、更に1on1を越えた戦術で得点を重ねることが出来ました。明日が本チーム最後の全体練習となりますが、明後日の決勝リーグに向けて本日の課題を変え切り更なる勢いをつけたいと思います。

最後になりましたが、コーチの中村武志さん、12年度卒の北川千尋さん、本日は本当に有難うございました。今後も御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。
また、本日会場まで足をお運び下さりました父兄の皆様、本当に有難うございました。今後も熱い御声援を宜しく御願い致します。

本江文乃
 

チャレンジリーグ結果報告

 投稿者:2回生 織裳万葉  投稿日:2016年12月21日(水)18時57分11秒
  本日12月21日(水)、同志社高校にてチャレンジリーグファイナル4決勝が行われました。以下結果報告です。

☆(20分ハーフ)
関西学院大学 ー 同志社高校

前半 3 ー 3
後半 5 ー 1
合計 8 ー 4

前半最初のドローは関学が取り切り、開始早々強い1on1で先制点を決めます。そこから全員の強い気持ちがプレーに繋がり関学のATの攻撃が続きます。その後同志社高校の攻撃で得点を決められる場面もありますが、関学のAT陣も連携したプレーで得点を重ね前半を同点で折り返します。後半最初のドローを取ったのも関学ですが、ダウンボールを同志社高校に奪われ関学の守りの時間が長く続きます。しかし関学のプレッシャーのあるDF、ゴーリーのナイスセーブが光り、関学は流れを取り返します。その後関学は得点を重ね、リードを広げて試合終了です。

本日は16チームのBチームで出来る最後の試合でした。真の日本一という最高の称号を掴み取ることも出来、チャレンジリーグでも関西制覇することが出来、本当に嬉しい限りです。Bチームのメンバーは今まで数えきれない位の悔しい思いをしてきたと思います。しかしめげそうになった時も前を向き、頑張ってきたからこそ誰が見ても気持ちの見えるプレーをする事が出来ました。今後もチーム全員で成長していきたいと思います。

最後になりましたが、コーチの後藤明日香さん、市川葉月さん、93年度卒の富永久恵さん、12年度卒の西ひかりさん、John-David Marcinikさん、本日は本当に有難うございました。今後も御指導御鞭撻の程宜しくお願い致します。また、本日会場まで足をお運び下さりました保護者の皆様、ご友人の方々、ご声援ありがとうございました。今後も関学ラクロス部を宜しくお願い致します。

織裳万葉
 

レンタル掲示板
/92